以前、投稿させて頂いた、リゾート会員権についての記事の続きを書かせて頂きます。

リゾート会員権を購入する際に気を付けないといけない点について

立地、施設の充実度、会員権の価格や年間の宿泊数、利用人数はもちろんのこと

季節によって、会員様と同じくらいの数の一般客の方もご宿泊する時期もあるということで

その時期は、ゆっくると休めなかったり、予約が取りにくい時期もあるようです。

 

別の記事では近年、海外からの観光客が増えているので、ホテルや旅館が外国人環境客であふれ

なかなか落ち着けないなか、一般的なホテルと違って、ほぼ日本人客だけで気兼ねなく過ごせる

点もことも会員制リゾートの長所だと書かれていました。

そのような点も購入前に確認しておきたいですね。

 

 

また、現地までのアクセス、ご自身やご家族のために近隣に病院があるか、施設のバイアフリーは

問題ないか確認しておく必要はあります、必ず資料請求はして頂いた方が無難です。

また、当社でもリゾート会員権の販売をしておりますのでお気軽にご相談ください。

 

リゾート会員権販売ページ

 

また、現在所有されている会員権の買取もおこなっております、以下のフォームから

無料査定を行っておりますので、是非お問合わせください!

 

 

引用URL:http://www.sankei.com/life/news/170130/lif1701300016-n1.html

引用記事

会員制リゾートクラブ(4) 購入前に入念な下調べを

会員制リゾートクラブの会員権を実際に購入するとき、どこに注意すればよいだろうか。誰もがチェックするのは、立地や施設の充実度のほか、会員権の価格や年間の宿泊数、利用人数といった条件だろう。

 会員以外にも一般客が利用できるクラブも多いので、季節や曜日に応じた会員と一般客との混在率が、どの程度なのかも知っておきたい。会員以外の客が多いと、落ち着いた雰囲気で楽しめなかったり、予約が取りにくくなったりすることがあるためだ。

 自宅から現地へのアクセスも重要だ。入会金を払った後も年会費や宿泊費、さらには現地への交通費が必要になる。いくら景色がよくても移動に何時間もかかるようでは、出費がかさむうえ、移動だけで疲れてしまい、利用頻度が低くなってしまう。

 事故や病気に備えて周辺の医療機関と連携が取れているかもチェックしたい。高齢になっても、長くリゾートライフを楽しむために、バリアフリーに配慮しているかや、最寄り駅からの送迎があるのかなども大切なポイントだ。

 最も重要なのは、何のために会員権を購入するのか、自分の考えを明確にしておくことだ。他の会員と共通の価値観や目的がないとクラブに溶け込めず、楽しめない可能性もある。運営会社に資料請求するなど下調べを入念にして、自分にピッタリのクラブを見つけたい。